読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fly higher! Sky is the limit!

webの現場で働く人のブログ

2016年を振り返って。

もう今年も残りわずかですが、いかがお過ごしでしょうか。
今年ラストの更新になります。

毎年、新しい年の始まりに「今年はやってやるぜ!!」と意気込んで色々目標を立てるのですが本記事はその振り返りになります。
※ 実際に所属している組織とは関係ありません。あくまで個人的な目標(趣味)です。

目標その1 ブログを開設する。

2016年最大の目標でした。
ずっとやるやる詐欺をしていたブログ開設。
約1年間、亀もびっくりなペースで更新してきましたが無事に続けることができました!
まずは御礼申し上げます。ありがとございました!

過去のお話

過去にも数回技術ブログを立ち上げたことがありました。
開設当初は「学んだことをアウトプットしまくって自己研鑽に努めるぜ!!うぇーい!」とノリノリで意気込んでいたのですが、「ブログをせっかくやるならアドセンス(広告)っしょ!」とスケベ根性が邪魔をし誰も閲覧するはずもない自分の記事のアドセンス(広告)をクリックしまくっていたら一銭も収益が出ないままGoogle先生から鉄槌が下されました。
そして アカウントの停止、アドセンスの永久剥奪...。
完全に自業自得でした(反省)。

f:id:paradox_tm:20161226160326p:plain
アドセンスが消えた後の当時のブログ

それがちょうど3年前のお話で最初のブログ構築(wordpress)でした。
しばらくGoogle先生アドセンスをバンされたことを引きずり「ブログなんてやんねぇー!」と思っておりましたが、心のどこかではモヤモヤが晴れず自問自答の日々を繰り返しておりました。

f:id:paradox_tm:20161226160502p:plain

その事件の半年後くらいに先輩から「Jekyll いいぜ」という話を聞き、とりあえずやってみるかと思いJekyll でブログを開設しました。
しかし...「こうやって、Jekyll って使うんだ!!へぇ~!」で記事を1つ投稿したくらいで満足して閉鎖してしまいました。

その後も友人のブログに寄稿したりもありましたが、継続的にブログを続けるということはありませんでした。

自分のためのブログを開設

元々なぜブログを始めたかったのかを考えた時に一番は自分のためだったことに気付きました。
【学んだこと・悩んだこと・頑張ったこと】を忘れないためにも記録としてとっておきたかったのが一番の理由です。
あわよくば同じ制作者の力にでもなれたらいいなーと思っていたり...
wordpressにしろ、Jekyllにしろ書かなければ意味がないですし継続できなきゃ意味がないと思っていたのでいつでもどこでも更新できそうな『はてなブログ』を選んで開設した感じでした。(あと、なんかスターとかもらえるし)

ブログを1年通して感じたこと。

純粋に閲覧者の反応がおもしろいと思いました。
このブログの流入元の8割が検索エンジンからですが、明らかにアクセスに偏りがあったりスターやSNSのシェア数が無くてもアクセス数が多かったり、解析をしていて面白かったです。

またうれしいことに購読者が5人まで増えたという奇跡が!!
※ 5人の方、こんなヘッポコの記事を購読してくださってありがとうございます!!

そういった閲覧者の反応がモチベーションに変わったりもしました。
今後は、自分のためだけでなく閲覧者にも優しい記事を心がけて書けていければなーと思いました。

今後ともよろしくお願いいたします!!

目標その2 ゲームをつくる。

Twitterを中心に活躍されている某漫画家(友人)とコラボし、主にスマホ向けのWebブラウザゲームを4つほどリリースしました。
リリースしたWebブラウザゲームは以下の4つです。

ではそれぞれについて振り返ってみたいと思います。

連打系ゲーム

漫画に登場するキャラを10秒間でどれだけ叩けるか というめちゃくちゃシンプルなゲームでしたが、叩けた回数に応じて描き下ろし漫画がGETできるという報酬があったので挑戦してくれるユーザーが多くなかなか見ていても楽しかったです。
リリースして間もなくチートが現れたのも驚きでした。

クイズ

制作的には普通のクイズでした。こだわった点は背景にcanvasを用いてparticleを散りばめてポコポコ動くようにした点くらいです。(クイズはあまり関係ない)
ただ、問題が難しすぎてあまり反応が無かったようにも思えます。

ポ○モンGOのパロディゲーム

漫画に登場するキャラをGETするとステータスが見れるというものでした。
ステータス画面はかなり本家を真似しつつ、おもしろおかしくできたので賞賛の声がうれしかったです。
また漫画家の細部へのこだわりがファンの方たちにも伝わっていて感動しました。

シューティングゲーム

おそらく4つの中で一番苦労した作品でした。リリースすると「簡単すぎる!」「つまんねぇ」などと言われてしまいリアルにへこみました。
その後難易度の設定や報酬の追加などをして多少マシになった気がしますがゲームづくりの難しさを痛感した瞬間でもありました。

目標その2 ゲームをつくる。-まとめ

とりあえず目標を達成できたのはよかったです。ただ今までゲームをほとんどやってこなかった事に少し後悔しております。
エフェクトであったり、モーションであったり、難易度であったり、なんせ引き出しがない...というのはつらい。
今後はもっと色んなゲームに触れつつ学びつつ楽しんでいこうと思いました。

その他の目標

なかなか達成できていません...
来年は、もっと目標を達成できるようにしたい!(毎年言ってるやつ)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、よいお年を。