読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fly higher! Sky is the limit!

webの現場で働く人のブログ

TweenMaxを使ってオープニングアニメーションをつくる。

JS

TweenMaxを使ってオープニングアニメーションをつくる。

日本でもTweenMax(トゥイーンライブラリ)を使用しているリッチサイトが大分増えてきた気がますねー。 大体、動きがかっくいいサイトのソースを覗くと「TweenMax」の文字が見受けられます!

本記事は、TimelineMaxの基本的なアニメーション操作と記述方法のメモ書き。

オープニングアニメーションっぽい適当なDEMO| TimelineMax

See the Pen TweenMax sample by @paradox_tm (@takumaro-web) on CodePen.

以下、ソース抜粋

//TweenMaxを使用するための宣言
var timeLine = new TimelineMax();

//セレクターを指定
var elm1 =  document.getElementById("js-anim-01");
var elm2 =  document.getElementById("js-anim-02");
var elm3 =  document.getElementById("js-anim-03");
var elm4 =  document.getElementById("js-anim-04");
var elm5 =  document.getElementById("js-anim-05");
var elm6 =  document.getElementById("js-anim-06");

//第1引数:セレクター指定.
//第2引数:秒数指定(1000msではなく1秒単位).
//第3引数:アニメーション指定.
//第4引数:オプション指定.

//.toでタイムラインをつくっていく。
//コールバックは、onComplete: function(){}を指定.

//詳しくは以下を参照
//https://greensock.com/get-started-js
//https://ihatetomatoes.net/wp-content/uploads/2016/07/GreenSock-Cheatsheet-4.pdf

timeLine.to(elm1, 1, {opacity: '1', x:0, rotation:360}, "blueGreenSpin")
        .to(elm1, 1, {opacity: '0'})
        .to(elm2, 1, {top: '50%',opacity: '1'})
        .to(elm2, 1, {opacity: '0'})
        .to(elm3, 1, {right: '40%',opacity: '1'})
        .to(elm3, 1, {opacity: '0'})
        .to(elm4, 1, {opacity: '1', width:"50%", top:"100px", ease:Power2.easeInOut})
        .to(elm4, 1, {opacity: '0'})
        .to(elm5, 1, {opacity: '1', x:0, y:0, rotation:1440})
        .to(elm5, 2, {opacity: '0',top:'60%', ease:Power2.easeOut, onComplete:
                      function(){
                        //アニメーションが終わった後の処理
                     }})
        .to(elm6, 1, {opacity: '1',scale:"2"});

CDNの利用

2016年7月16日に最新版の1.19.0をリリースされた模様。 greensock.com

Cheat Sheet

https://ihatetomatoes.net/wp-content/uploads/2016/07/GreenSock-Cheatsheet-4.pdf

触ってみての感想

直感的でわかりやすい!!
他にも色々なオプションがたくさんある!!
Canvas/WebGLなどの制御も可能!!
jQueryも使える!!

胸がワキワキしちゃいますね!